アルバイトと編集とエンジニアについて

編集のお仕事は、文系の大学や短期大学を卒業した人の多く、または在籍している人の多くが憧れる仕事の1つです。

特に、大手の会社の場合、漫画や小説、雑誌などのいろいろな分野の書籍を手掛けている会社などがあることから、大手の編集の仕事に携わりたい!と考えている人はとても多いです。

ただ、上記のような、大手の会社の場合、本社が東京または都会などにあることから、地方に在住している人には、アルバイトすら行うことが出来ないという現状にあります。

そのため、基本的に、東京などに家を持っているか東京などの大学に通っていて、そのまま卒業後も、東京に住み続ける、または、どうしても大手出版の編集の仕事をアルバイトでもよいから行いたい!ということで、上京などをする人たちがおられます。

アルバイトから正規の社員になることは難しいことですが、会社の中には、仕事が優秀である場合には、正社員への登用などを認めている会社などもあり、編集の仕事に携わりたい!という方にとっては、強いモチベーションの1つとなっています。

実際に、編集の仕事を行うためには、高学歴である必要があり、最低でも国立大学または有名な私立大学などで学んできた人が、編集の仕事に携わるケースがほとんどです。

これは、誤字脱字などを、見分けることが出来るためです。

一方、エンジニアの仕事も、理系からの出身でなくても、新卒でエンジニアの仕事が採用、またはアルバイトとして採用されるケースがあります。

これは、文系の学問で学んできた人でも、エンジニアには、根性や体力が必要などの適正から、理系のエンジニア系のことを学んでいなかった場合でも、新卒などの若い人の場合には、会社側がまず、アルバイトとして採用するケースがあるからです。